一度の勝ちが50万円以上の場合は納税義務

一度の勝ちが50万円以上の場合は納税義務

前述をしたみたいにオンラインカジノは電子マネーです。競馬の配当もおなじデス。

殆んど日本での賭け事は現金です。年間や月間通産では損をしていても、50万円以上の一度の勝ちの時は納税義務が生じてしまいます。

証拠はネッテラーなどのデビットカードを使って現金化すれば残りませんが、法的には50万円以上ならば納税義務はあります。式にすると「純所得=収入−支出−特別控除額(50万円)」になります。

このことから証拠の記録が残ります。その証拠がないからです。

課税からはオンラインカジノが完全に逃れられないのはココに理由があります。コレについては小切手、外貨現金、電信送金といったものでもおなじです。

さらに、通貨はたいてい外国のものです。賭け事の賞金は日本の法では、所得と一時的にされます。

なぜかと言われると、200万円相当を超えた外貨の送金や受け取りを、各金融機関は当局に報告をすることになっているからデス。どんなに高額だったとしても、その場合ワザワザ申請をする人はいないでしょう。

もちろんその入出金は電子マネーで行われます。実際の勝ったときは為替の変換すれば、その金額より多くなる事になって、反対に負ける時はより損をしてしまいます。

現金を50万円以上勝ったとしても補足することはできません。一時所得から収入と特別控除額を引いた、純所得をその内の課税対象はさらに半分にした額デス。

ネットを通じてオンラインカジノは楽しむカジノです。国民の義務なのですから納税した方が後々のためです。