キャンセレーションシステムという投資方式

キャンセレーションシステムという投資方式

その次の賭け金は両端の「-1」と「-3」から4になります。モンテカルロ法やウィナーズ投資法などの2in1法をはじめ、ように一回で最初に負けた分を取り戻そうとするのではなく、複数回で考えて取り戻す戦略は、掛け金を一度に取返そうとする無理がないので、カジノで時間をかけてゲームを進めていく上では、かなり効果的な戦術といえます。

簡単に説明をすると、2回の負けを一つの単位として、それを1回で取り戻す手法が2in1法デス。良く国外のカジノで行われている戦法で、2in1法が有名なものにあります。

どのようにしてするかというと、負けた金額をメモっていき、次の掛け金をその両端を元に決定します。2in1法は、負けを一回で無理をして回収をしようとするわけではない点で、長所があると言えますが、ゲームの回数がその分多くなり、回収できないままゲームがいたずらに続くと、必要となる金額がすこしずつ上がっていってしまいます。

基本はメモの両端と掛け金の合計が0になることです。メモの合計から、その次は2を賭ける事となります。

このメモの数字から次のゲームでは、3を掛けることになります。メモにはもし負けた時は、「-1」が追加をされて「-1-1」となります。

するとメモは「-1-2」になります。勝ったときにはこのゲームに勝つと、両端の数字を消す事になります。

数字で説明すると、1を最初に賭けて負けた時は「-1」と書きます。つまり2in1法の恩恵を時間と資金に余裕が欠如とうけることが出来ないままに賭け金が無くなってしまいゲームが終わってしまう事もあり得ます。

キャンセレーションシステムという投資方式に即した2in1法は、戦法なのですけど、仮に均等に負けた時には、その弱点は、必要となる資金がぐいぐい膨らんでいってしまう事にあります。たとえば「-1-1-2-3」とコレをくり返して4連敗をすると、なります。

このメモを元にし次の掛け金は、1を賭けることになります。